News

NEWS NAKAZAWA

明治大学リバティアカデミー講座”日本の再生”

2012/06/25

明治大学リバティアカデミーにおいて、野生の科学研究所の企画・構成による、講座、”日本の再生―経済大国から文化大国へ―”が開講されています。日本列島に暮らしてきた先人たちの宇宙観・死生観・倫理観を巡る全12回の講座です。
※講座の申込は全日程終了しております。あらかじめご了承ください。

講座内容や講師プロフィールは以下のページをご参照ください。
https://academy.meiji.jp/course/detail/521/

●講座趣旨
今、日本は20年に及ぶ経済不況、10年連続自殺者3万人以上、都市圏における30%を超す直葬(葬儀なしの火葬)、益々増えつつある孤独死、など深刻な問題が山積みし、そして今3.11、TPP問題とも相俟って国民生活の根幹をなすエネルギーや食糧も喫緊の課題です。精神的にも、物質的にも、私たちは益々容易ならぬ状況に直面することになるでしょう。
しかし、このような逆境においてこそ、古来先人たちが培ってきた智慧を再生させつつ、国力を維持し、かつそれをもって世界を先導する道が探られねばなりません。日本がこれから成熟するとしたら、もはや経済大国への復帰を目指すのではなく、文化大国への道を歩まねばならないでしょう。
この講座は、古来の知の集積と現代の知の展開を結び、そこに新たな日本人の宇宙観、死生観、倫理観を模索する試みです。

●講座概要
第1回<終了> 2012/05/08 日本人とは何か 金山 秋男(明治大学法学部教授)
第2回<終了> 2012/05/22 宗教の力と文学の力 金山 秋男
第3回<終了> 2012/06/05 旅と日本文化 金山 秋男
第4回<終了> 2012/06/19 山岳信仰に学ぶ先人たちの智慧 星野 文紘(山伏) 金山 秋男
第5回 2012/07/03 地域から世界へ―地域の伝統文化からの発想― 菅野 敦司 (公益財団法人鼓童文化財団専務理事)金山 秋男
第6回 2012/07/17 相馬真宗移民にみる日本的絆社会の一典型 太田浩史(真宗大谷派高岡教区大福寺住職・日本民藝協会常任理事・となみ民藝協会会長) 金山 秋男
第7回 2012/10/02 日本人の人間力と文化力 金山 秋男
第8回 2012/10/16 死生学事始 金山 秋男
第9回 2012/10/30 日本列島の基層文化から 姫田 忠義 (民族文化映像研究所所長) 金山 秋男
第10回 2012/11/13 日本文化と安全保障 山崎 信之郎(三菱電機電子システム事業本部顧問)  金山 秋男
第11回 2012/11/27 超高齢化社会の生き方・死に方 辻 哲夫 (東京大学高齢社会総合研究機構教授) 金山 秋男
第12回 2012/12/11 死を組み込んだ人間の学 中沢新一(明治大学野生の科学研究所所長) 金山 秋男

REPORT

野生の科学とは何か

2012/06/12

2011年3月11日の大震災の後、日本は非常に大きな変化を体験し、今なお体験しつつある。なかでも、サイエンス/科学の問題が非常に大きくクローズアップされ、これが国民的な問題にすらなっている。はたして、われわれの科学技術は今までの形のままでいいのだろうか? そこには何か、取り返しのつかない欠陥があるのではないか? そんなことを本当に普通の人たちまでが深く考えるようになった現在、これまでの科学とは違う科学――人文科学も自然科学も含め、そのすべてを大きく作り替えていくような研究の場を開かなくてはならない。「野生の科学」という名前には、そんな思いが込められている。

続きを読む »

NEWS

オリジナル朗読劇『銀河鉄道の夜』東北公演ツアー活動報告

2012/06/10

野生の科学研究所運営委員である菅啓次郎先生が、小説家古川日出男さん、音楽家・小島ケイタニーラブさんとともに、オリジナル朗読劇『銀河鉄道の夜』の東北公演ツアーを行いました。

2012年5月16日(水)、明治大学リバティタワーにておこなわれたシンポジウムと朗読「<東北>と声」を皮切りに、5月18日-21日にかけて東北で行われたこのツアーの活動報告が、菅先生のブログにアップされています。

Mon pays natal:東北ツアーまとめ

■朗読劇「銀河鉄道の夜」

【出演】古川日出男(脚本)、管啓次郎(詩)、小島ケイタニーラブ(音楽)
【特別ゲスト】柴田元幸(大船渡、仙台、福島)、小沼純一(仙台)
【協賛】明治大学震災復興支援センター
【後援】大船渡市、岩手県教育委員会、仙台市、IBC岩手放送
【協力】株式会社朝日出版社、株式会社勁草書房、左右社、認定NPO法人・国境なき子どもたち

昨年3月11日の東日本大震災と福島第一原発事故後の状況にあって、福島出身の小説家・古川日出男が新たに出会い直したのは宮澤賢治の詩と物語でした。岩手県花巻を基点として宇宙を幻視する賢治への深い共振は、傷つけられた土地に住むすべての人々と動物たちにささげられた、小さいけれども強い祈りの声となりました。 朗読劇「銀河鉄道の夜」は、古川日出男によるオリジナル脚本と朗読に、詩人・エッセイストの管啓次郎が書き下ろしの詩、そして音楽家・小島ケイタニーラブが舞台音楽とオリジナル楽曲をもって参加します。3人の特異な個性のぶつかりあいから生まれた、まったく新しい「賢治」の世界です。

“朗読劇『銀河鉄道の夜』ウェブサイト”より

http://milkyway-railway.tumblr.com/

NEWS

『出羽三山・修験道を知る』

2012/05/11

野性の科学研究所に関係の深い講師陣が担当する、山伏・山の思想についての連続講座が、中野で開催されます。各回とも興味深い内容になっております。奮って御参加ください。

 

『出羽三山・修験道を知る』

会場: 風の旅行社・東京本社 7F セミナールーム (東京都中野区)
http://www.kaze-travel.co.jp/access_tokyo
*JR中央線・総武線 中野駅北口より徒歩約10分

 

■第一回
神仏和合の山々- 出羽三山と山の神話学 -

講師 : 石倉 敏明(いしくら としあき)
日時: 2012年5月12日(土)  14:00~16:30

出羽三山と呼ばれる山々は、古くから神話的な想像力の舞台となってきました。その背景には、神道や仏教といった宗教の成立以前から続いている、深々とした庶民の心の信仰が存在しています。生きている人間ばかりでなく、死者や未生の魂や自然の精霊や諸々の神仏が一体となったその空間は、いまもあらゆる国の人々を惹き付けてやみません。この講座では、あらゆる霊性の潮流を受け入れて独自に深め、神仏の和合する領域として山々を発展させてきた庶民の心の歴史に焦点を当てます。また、これらの山を駈け、里の人々と自然の聖域を結ぶ活動を担ってきた山伏たちの活動の根源にある「循環する哲学」の魅力についてお話したいと思います。

石倉 敏明(いしくら としあき)
人類学者/神話学者。多摩美術大学芸術人類学研究所助手を経て、2011年より明治大学野生の科学研究所研究員、羽黒山伏。2009年より「これからの日本に本当に必要なものだけを集めた学校=くくのち学舎」にて動物神話講座を担当。主な論文に「裸の精霊」「女神と対称性」「生を与えまたそれを奪う神」等。共著に『折形デザイン研究所の新・包結図説』、高木正勝によるCD作品とのコラボレーションに『タイ・レイ・タイ・リオ紬記』(神話集)がある。

 

■第二回
月山ブナ帯における食 -手仕事にたずさわる人と文化

講師 : 成瀬 正憲(なるせ まさのり)
日時: 2012年5月26日(土)  14:00~16:30

山形県の中央に聳える月山は、山麓一帯の生命の源泉であり、固有の食文化を育んできました。とりわけこの山の抱く大雪は類稀なブナ林を育て、ここから野生動物と狩猟、山菜と採集、土地に根ざした手仕事など多様な「山の文化」が展開し、この山に繰り返される自然との対話は山伏が体現する「山の思想」の基盤をなしています。
月山に生きる人びとの「食」と「手仕事」の具体的な営みから、その背後に広がる豊かな「月山ブナ帯」の世界へ分け入ってゆく講座です。

成瀬 正憲(なるせ まさのり)
1980年生まれ。山伏。羽黒町観光協会観光推進員。岐阜県山奥に育つ。高校卒業後アルバイト資金でカナダ留学。帰国後中央大学で共同体論・自然哲学研究。出羽三山で山伏修行に出会う。同大学院卒業後、越前三国湊のまちづくりに携わる。羽黒修験「秋の峰」入峰。2009年羽黒町移住。大聖坊山伏修行のコーディネート、くくのち学舎の山と講をテーマにしたプロジェクト「千山講」、月山山麓のブナ帯文化の聞き書きなどを展開している。

 

 ■第三回
山伏の温泉 -出羽の秘湯と放浪について(肘折口・角川口など)

講師 : 坂本 大三郎(さかもと だいざぶろう)
日時: 2012年6月9日(土)  14:00~16:30

古代、温泉は地下を通じて海へと繋がっていると考えられ、海を神聖視するのは、海をわたって日本列島に辿り着いた日本人のルーツを感じさせます。湯の文化に深い関わりを持っていたのが、日本の原始的な自然崇拝信仰の末裔である山伏でした。
温泉所山形の秘湯と山と海などの自然を通してみる日本の深淵

坂本 大三郎(さかもと だいざぶろう)
1975年千葉県生まれ。羽黒山伏。
自然と人を結ぶ文筆家として現在「エココロ」「spectator」などに執筆を寄せる。
単行本『山伏と僕』(リトルモア社)が今春発行。

 

■第四回
羽黒山の峰入り -秋の峰・冬の峰の事例から

日時: 2012年6月23日(土)  14:00~16:30
講師 : 本田 晶子(ほんだ あきこ)

かつて羽黒修験では春夏秋冬の〝峰入り〟修行が行われていました。現在でも四季の峰は形を変えながら継承されています。
人々が山を目指すのはなぜなのか、〝峰入り〟ではなにが行われているのか、とりわけ峰入り修行のなかでも代表的な「秋の峰」と、大晦日の晩に結願を迎える「冬の峰」(松例祭)に焦点をあて、映像や資料を紹介しながら皆さんと一緒に考えてゆきます。
人々の生活のすぐそばにあった〝修験〟の儀礼や思想、それを摑まえるには、身をもって峰に飛び込むのが一番ですが、この講座ではその入口まで皆さんをご案内いたします。
参考図書
島津弘海、北村皆雄編著『千年の修験―羽黒山伏の世界』新宿書房 2005年刊
五来重著『山の宗教―修験道案内』角川ソフィア文庫 2008年刊

本田 晶子(ほんだ あきこ)
1975年生まれ。文化系・山伏を目指して現在修行中。羽黒山の開祖・能除仙に魅かれて、羽黒山に通いはじめる。羽黒山荒澤寺の秋の峰入り修行に10年通い、羽黒修験の智恵と魅力を発信したいと奮闘中。日本の宗教芸能、神楽や民間信仰などをフィールドワークしている。特技はどこでもすぐに眠れること。「成城寺小屋講座」を企画・運営。

 

■第五回
今だから山の思想- そして月山への道標 -

日時: 2012年7月7日(土)  14:00~16:30
講師 : 星野 文紘(ほしの ふみひろ)

昨年の3.11以降、私たちの生き方考え方を今一度問われている時ではないでしょうか。
日本人にとって山とは何なのか。昔から常に私たちの先人は山から色々の事を学んできた。その事が今忘れかけているし、再生しなければならない時ではないでしょうか。山に入って下りてくればそれは「いのち」をいただくことであるし、山は生きて行く上で必要な食を与える「いのちの源泉」であるし、山に上ることは「ざんげ」でもあるし、そしていのちの最後は山に納まる。人間の一生は全て山にお世話になるのだという日本の文化は多くの日本人の心のよりどころであった。その「こころ」と「いのち」を月山から学んでいくことをこの講座では皆さんと一緒に進めて参ります。

星野 文紘(ほしの ふみひろ)
1946年山形県出羽三山羽黒山宿坊「大聖坊」の三男として生まれる
1971年東洋大学文学部を卒業後、「大聖坊」十三代目を継承し、「秋の峰」に初入峰、山伏名「尚文」拝命する。2007年「冬の峰百日行」の松聖を務め、2008年より「松例祭」所司前を務める。2000年より三日間の大聖坊山伏修行も実施。また各地で修験道の講演をし「こころ」「いのち」「健康」「農業」「芸能」の重要性を訴える。
現職:出羽三山神社責任役員理事、出羽三山祝部総代、多摩美術大学芸術人類学研究所特別研究員、NPO法人公益のふるさと創り鶴岡理事など

NAKAZAWA

博多での公開イベント:内田樹×中沢新一×森田真生

2012/01/19

博多での公開鼎談です。
内田先生と中沢所長、在野の数学研究者にして福岡県糸島で数学道場「懐庵」を主催する俊英、森田真生さんのお三方。

鼎談:内田樹×中沢新一×森田真生
『存在の彼方へ〜対話する哲学、宗教、そして数学の世界〜』

・開催日:3月20日(火)
・時 間:15:00〜21:00(予定)
・会 費:15,000円
※会費には、懇親会のお食事・ドリンク代を含みます。
・主催者Webサイト:http://saintcross.jp/blog/?p=1272
・お申し込み・お問合わせ:http://saintcross.jp/sformmail.php

NAKAZAWA

直島での講演:アートの”家”

2012/01/16

春の瀬戸内海直島にて、中沢所長の講演です。
“家”のもつ記憶についての講演になります。

ベネッセアートサイト直島 本村トーク
「アートの“家”」

・講師:中沢新一(人類学者/明治大学野生の科学研究所所長)
・日程:2012年4月14日(土)
・時間:16:00-18:00
・場所:本村ラウンジ&アーカイブ(直島)
・定員:50名
・料金:一般1,000円 島民500円
・申し込み:2月14日よりwebサイトにて
http://www.benesse-artsite.jp/about/sp_event.html

NAKAZAWA

カタログハウスの学校:「日本の大転換」を実現するために、いま必要なこと”

2012/01/16

通販生活を発行しているカタログハウスさんの学校で、中沢所長の講演がございます。

カタログハウスの学校
「日本の大転換」を実現するために、いま必要なこと。

講師:中沢新一
・日時:2012年3月3日(土) 14:00~15:30
・定員:150名(先着順)
・参加費:1000円(学割半額・ペア割引2名で1500円あり)
・場所:カタログハウス本社校セミナーホール(JR新宿駅南口から徒歩8分ほど)
・東京都渋谷区代々木2-12-2 カタログハウス本社ビル地下2階
・お申し込み:http://www.cataloghouse.co.jp/study/schedule/T20120303001/
・お問合せ:

TEL:0120-545-450
FAX:03-5365-2278

MAIL: school@cataloghouse.co.jp
※インターネット、メールでのお問い合わせは開催日前日17時までにお願いします。

NAKAZAWA

京都環境文化学術フォーラムにおける中沢所長講演「たたかうアニミズム」

2012/01/16

京都での中沢所長講演のお知らせです。

定員100名となっていますのでお申し込みはお早めに!

京都環境文化学術フォーラムスペシャルセッション
「グローバル・コモンズをめざして~東日本大震災から考える未来への道~」

URL:http://earth-kyoto.jp/forum.html

基調講演:たたかうアニミズム 中沢新一
日時:2012年2月11日(土) 13:00〜17:00 Room -B2(定員100名)

<基調講演>
中沢 新一 明治大学野生の科学研究所所長
「たたかうアニミズム」 (40分 13:45〜2:15)

<ディスカッション>
パネリスト
・中沢新一氏(明治大学野生の科学研究所所長)
・牧紀男氏 (京都大学防災研究所准教授)
・結城幸司氏 (アイヌ民族運動家)
・小松和彦氏(国際日本文化研究センター教授)

<参加申込に関するお問い合わせ>(月〜金曜日 10:00〜18:00)
KYOTO 地球環境の殿堂/ 京都環境文化学術フォーラム 参加受付事務局
㈱インターグループ内 TEL: 06-6372‐3051(代) FAX: 06-6376-2362  E-mail: earth-kyoto2012@intergroup.co.jp

NAKAZAWA

『石子順造的世界』関連トークイベント

2012/01/12

府中市美術館で『石子順造的世界-美術発・マンガ経由・キッチュ行』が開催されています。
関連イベントとして中沢新一所長と美術批評家椹木野衣さんの対談が行われます。

『石子順造的世界-美術発・マンガ経由・キッチュ行』
トークイベント「アートの消えるところ」

・日時:1月21日(土曜日) 14時〜
・出演: 中沢新一(人類学者)、椹木野衣(美術批評家)
・場所:府中市美術館 講座室
・料金:無料、予約不要

“美術評論を主軸としながら「表現」と呼ばれる領域を生活者のレベルから具体的に捉えようと試み、いわゆる「美術」を超えてマンガや演劇、芸能、果ては誰も気にとめない「ガラクタ」の類(たぐ)いにまで論の対象を広げた評論家、石子順造(いしこじゅんぞう)(1928年〜1977年)。美術館としては例外的にひとりの評論家を取り上げ、きわめて多岐にわたるその視点を紹介するとともに、石子(いしこ)の眼を通じて1960年代から1970年代にかけての、ひいては日本の文化を眺め、見直します。”(府中市美術館HPより)

『石子順造的世界-美術発・マンガ経由・キッチュ行』
会期:2011年12月10日(土)―2月26日(日)
場所:府中市美術館
休館日:月曜日(1月9日は開館)、12月29日から1月3日まで、1月10日
開館時間:午前10時―午後5時(入場は午後4時半まで)
住所:〒183-0001 東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内)
電話:042-336-3371(代表)
府中市美術館へのアクセスはこちら
観覧料:一般700円(560円)、高校生・大学生350円(280円)、小学生・中学生150円(120円)

 その他関連トークイベントがいくつか開催されています。
詳しくは府中市美術館のWebSiteをご覧下さい。

NAKAZAWA

『〈民藝〉のレッスンーつたなさの技法』に、中沢所長の対談収録

2012/01/12

総合地球環境学研究所 (地球研) 特任准教授の鞍田崇さん編による、新しい民芸に関する書籍の中で、中沢所長と鞍田さんの対談が収録されています。

書名:『〈民藝〉のレッスンーつたなさの技法』
編者:鞍田崇+編集部
価格:本体1700円+税
発売日;2012年1月25日
発行:フィルムアート社
ISBN978-4-8459-1183-7

Tags

Archives

Page Top